ここはローマ帝国初代皇帝アウグストゥスの妻リウィアのファン・ブログですが、だいたい、まんが感想で成り立っています。
2017年05月10日 (水) | 編集 |
◆賢妻の条件

「王妃さまは頭のいい人なのね。何年もエドワードの寵愛をつなぎとめておくほどだから間違いないわ。その秘訣は言うまでもないこと。国王の数知れぬ情事に目をつぶる――私が王妃さまの立場だったらそんなふうにできたかどうか心許ないわ。(後略)」

(ジーン・プレディー著「リチャード三世を愛した女」p311、リチャードの妻アンの母親が、国王エドワードの妃エリザベス・ウッドヴィルを評したセリフ。太字強調はわたし)



ちなみに国王エドワード4世は、かの「時の娘」(ジョセフィン・ティ著)にて、グラント警部が、「チャールズ2世を除き、我が国最高の女好きの王様だった」と言及しています。(「村毎に私生児有り」との逸話を読んだ覚えもあります)

スポンサーサイト


2017年01月17日 (火) | 編集 |
1月17日が、二人の結婚記念日と推定されている根拠は、どっかの碑文らしいです。
あいまいな言い方ですみませんが、参考書籍が英文で、注釈に略語ばかりで記述されてて、わたしの英語力では解読不能なもので、あしからず。

閑話休題。

小説は作品全体にその作家の価値観が投影されるため、共感できればいいが、少しでも違和感があると読むに耐えない。小説家が加工した歴史より、歯を食いしばっても学者が調べた事実を読むほうが有益だ、とは、青池保子さん(「『エロイカより愛を込めて』の作り方」)の言です。



1902年01月16日 (木) | 編集 |

★情報求む★
リウィアの「犯罪」について、肯定派の研究書・論文をご存知の方、お知らせください。(歴史一般書は不要)
「犯罪」には、マルケルス殺し、ルキウス・カエサル殺し、ガイウス・カエサル殺し、アウグストゥス殺し、アグリッパ・ポストゥムスの追放と死を含みます。

★募集動機★
れっきとした研究者の方々が、いかなる考察を経て、その推定に至ったか拝読したいから。
立場が違うからこそ「否定派」であるわたしにとっても、益になると確信しております。
なお、犯罪者肯定派であるからといって、拝読後、弊ブログで批難することはありません。(なんらかの言及、あるいは「物事に検討を加えて、判定・評価すること」の意味での「批判」はするかもしれませんが)
ご存知の方、よろしくお願いします。
感謝の言葉しかお礼はできませんが、どうかよろしくm(__)m。



以下、わたしが知る範囲での肯定派かもしれない方と、あきらかに肯定派の方。