ここはローマ帝国初代皇帝アウグストゥスの妻リウィアのファン・ブログですが、だいたい、まんが感想で成り立っています。
1902年01月25日 (土) | 編集 |

佐々木倫子「カルケット恐怖症」
(忘却シリーズ「家族の食卓」に収録)


テーマもプロットも異なりますが、「産むよりも育てることを実践する女性」が登場するまんがに劣らず、画期的でした。
結末が。

スポンサーサイト


1902年01月24日 (金) | 編集 |
昔々に読みました。
「産むことに執着せず、育てることを実践する女性」が登場するまんがを。
悔しいことにタイトルすら忘れてしまったけれど。
作者は万里村奈加さん。
おそらくmimi系のコミックス。



1902年01月23日 (木) | 編集 |

フ××××ムの定義とは、男性も女性も平等に権利と機会を与えられるべきであるという信念です。つまり、男女は政治的、経済的、そして社会的に平等であるべきであるという考え方です。
【エマ・ワトソンが挑戦する“新しいフ××××ム”の取り組み】より引用)



「パリスの審判」と「熊猫的迷宮」で醜悪なフ××××ト像が用いられたことについて、ずっと書きたかったんですが、説明できるだけフ××××ムを勉強していないし、何よりも、言葉を尽くし、誠意を尽くして説明しても、「フ××××ム」と言っただけで理解しない人、理解出来ない人たちが多いと実感してきた失望が強く、ずっと後回しにしていました。

一応、「フ××××ム」の「フ××」を聞いただけで、怯える方々向けに、冒頭には、エマ・ワトソンによるスピーチ「新しいフ××××ムの取り組み」にリンクしました。



1902年01月22日 (水) | 編集 |


宋美玄監修「踊る産科女医」
「なんも知らずにセックスすんな」「妊娠・出産は思いどおりにいくことばっかりやない!!」「出産は危険も伴うってことを忘れたらアカンよ」―漫画家・吉川景都(出産経験ナシ)が、“モノ言う”産科女医・宋美玄さんに弟子入り!女性でも実はちゃんと知らない“妊娠・出産”“女性の体”について、わかりやすく紹介・解説するコミックルポエッセイ。
(内容「BOOKデータベース」より)



「BOOKデータベース」の紹介に偽りなし。
妊娠、出産は当然のこと、その前段階からいい加減さ、無知さをふりまく人たちが後を絶たない状況に、手厳しい言葉も炸裂していますが、それもこれも、赤ちゃん、そして、赤ちゃんをこの世に産み出す女性たちの命への強い愛情と責任ゆえ。
女性が自分の体を知るってことは、生きる姿勢を見つめなおすことでもあるのでしょう。



1902年01月18日 (土) | 編集 |
1. ブログの右のリンク欄が「Twitter(活動中)」であれば、活動中です。
アカウントは@capricornusです。
大体公開してますが、時々鍵をかけます。

2. 「Twitter(休止中)」であれば、一時的にアカウントを消して休止中です。
↑上述のアカウントをクリックしても存在しません。

3. 「Twitter(完全退会)」あるいは、右のリンク欄に見当たらない場合は、Twitterから撤退しています。

◆プロフィールに書いた通り、リウィアさま(ローマ帝国初代アウグストゥスの妻)のファンです。
リウィアさまに次いで、善王説のリチャード三世、鎌倉幕府草創期も好き。
他、世界史日本史全般の歴史話が好きです。
そして、まんが(特に歴史もの)と猫が好き。
歴史はまんがと小説で教わった人間なので、創作ものに拒否反応はありません。
その一方で、史実も考証も大好きです。

このアカウントでつぶやく時は、原則、趣味周辺の話題のみにとどめてます。
原則なので、逸脱する時もあります。

しかるにリウィアは初代皇帝アウグストゥスにふさわしい、偉大なる貴婦人であった。


1902年01月16日 (木) | 編集 |

★情報求む★
リウィアの「犯罪」について、肯定派の研究書・論文をご存知の方、お知らせください。(歴史一般書は不要)
「犯罪」には、マルケルス殺し、ルキウス・カエサル殺し、ガイウス・カエサル殺し、アウグストゥス殺し、アグリッパ・ポストゥムスの追放と死を含みます。

★募集動機★
れっきとした研究者の方々が、いかなる考察を経て、その推定に至ったか拝読したいから。
立場が違うからこそ「否定派」であるわたしにとっても、益になると確信しております。
なお、犯罪者肯定派であるからといって、拝読後、弊ブログで批難することはありません。(なんらかの言及、あるいは「物事に検討を加えて、判定・評価すること」の意味での「批判」はするかもしれませんが)
ご存知の方、よろしくお願いします。
感謝の言葉しかお礼はできませんが、どうかよろしくm(__)m。



以下、わたしが知る範囲での肯定派かもしれない方と、あきらかに肯定派の方。



1902年01月14日 (火) | 編集 |
不妊ネタ。不妊様嫌い。不妊様でなくても不妊は嫌い。
そんな内容です。続きは閉じておきます。不妊嫌いの人だけどうぞ。


1902年01月13日 (月) | 編集 |

「いきなり男子(おのこ)を産めなどと、わたしは道具ではありません!」
(お江さんのセリフ 「江 姫たちの戦国」第30話より)



大河ドラマ「江 姫たちの戦国」は、冒頭のセリフからうかがえるように「女は子を産む機械」、もとい、「女は男子を産む道具」との考えを否定するだけでなく、政略結婚も側室制度も悪とみなし、「戦はいやでございます」と平和主義を掲げ、差別されていた女に言いたいことを言わせる、現代的価値観に沿ったドラマと評されています。



1902年01月12日 (日) | 編集 |
「CREW(クルー)の本分は、いざという時、大切なお客さまの『命』をお護りすること」
つまり、
CA(キャビンアテンダント)(旧名称スチュワーデス)を含むCREWとは保安要員である。

大事なことだと思ったので、冒頭に書きました。




御前モカ「CREWでございます! スチュワーデスお仕事日記」

Welcome aboard! 本物の元CA(キャビンアテンダント)が描く、あなたの知らないCAの世界にようこそ!皆様はCAにどのようなイメージをお持ちでしょうか。過酷で笑える「真実の旅」へご案内いたします!!
(Amazon内容紹介より引用)





1902年01月11日 (土) | 編集 |
二階堂マリ。
初代「キン肉マン」がギャク路線であった頃、キン肉マンとミートくんの憧れの女性として活躍しましたが、格闘路線への変更とともにフェードアウトした女性キャラです。
入れ替わるように登場したのはビビンバですが、彼女もさほど活躍はせず、最終章「王位争奪編」の最後の最後で、唐突にキン肉マンのお妃候補(恋人)として登場し、結ばれることが暗示されて終わりました。
格闘メインのこの漫画では女性キャラは活躍しづらいのです。

読者のほとんども気に留めなかったであろうマリさんでしたが、驚いたことに「二世」で再登場を果たしています。
主人公万太郎が一目ぼれしたヒロイン凛子の養母として。