2015年07月31日 (金) | Edit |


Part2  Octavian in the West(40B.C. to 39B.C.)

引き続き出会い編、「オクタウィアヌスの求婚」を紹介します。

スポンサーサイト
2015年07月23日 (木) | Edit |
(注意)ネタばれ、史実ばれに配慮していません。





   
Aya Kannno ” Requiem of the Rose King”

◆翻訳料その他の事情で、日本語版よりお高いのは了解できるのだけど、紙本しかないのは不便で困る。洋書は積読と化すことが多いので、紙本では購入したくないのだよ。電書化希望。お高くても電書化希望。

◆「薔薇王の葬列」を英語ではどう綴る?
“Funeral of the rose king”あるいは、”kings”(リチャード3世&ヘンリー6世)かと考えてたら、”funeral”ならぬ” requiem”、”kings”ではなく”king”ってことで、単数ってことは、リチャード3世一人に捧げられるRequiemなのですね。

2015年07月13日 (月) | Edit |
  
「オズの魔法使い」
原作:ライマン・フランク・ボーム
まんが:かずはしとも


感想を書きたいなと思いつつ、なかなかとりかかれなかった、かずはしともさんによるまんが版「オズの魔法使い」。
理由は簡単で、原作をほぼ知らないわたしには、かずはしさんのオリジナルと原作通りの箇所の判別ができないから。
ドロシーが娼婦だったり、カカシがスケベだったりのHな設定は、掲載誌に合わせた作者さんによるアレンジだと察しがつきます。

2015年07月04日 (土) | Edit |

永井路子「にっぽん亭主五十人史」

コンセプトは「歴史上有名な女性はしばしば『妻としてどうであったか』が問われるが、男たちにはそういった視点は向けられない。歴史上の男たちを『夫としてどうであったか』を考察してみた」。