2016年08月29日 (月) | Edit |
(注意)ネタばれ有り。


  
↑一冊につき四話収録されてて、各話表紙付き(話数表記は「Life.××」)なんだけど、本(Kindle版)に目次が無いっ。なぜだ!?(なお、移動ページには「Life.××」と目次があります。)



ひょんなことで、「保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと」(片野ゆか著)を読み、そこからずるずると、遺棄犬、実験犬、殺処分に関わる本を読み、さらに犬猫保護ブログを読み、と、その過程で知ったまんがです。

スポンサーサイト
2016年08月21日 (日) | Edit |
◆陶器(リヴィア)

「リヴィア」で検索してて見つけました。

「フッチェンロイター リヴィア ディナーセット」、24,500円也。
なお、「リヴィア プラチナ カップ&ソーサー」は売り切れてますが、以前見た時は8,000円でした。
(各商品の取り扱いサイトはこちら→「洋食器専門店 ヴィラ レオナーレ」さま

この「リヴィア」はいったいどんな意味がるのか?
初代皇帝アウグストゥスの妻リウィアさまでしょうか。
あるいは同名別人なのか。
はたまた人間以外の「リヴィア」なのか。
見つけた時から気になってます。

2016年08月12日 (金) | Edit |
「CREW(クルー)の本分は、いざという時、大切なお客さまの『命』をお護りすること」
つまり、
CA(キャビンアテンダント)(旧名称スチュワーデス)を含むCREWとは保安要員である。

大事なことだと思ったので、冒頭に書きました。




御前モカ「CREWでございます! スチュワーデスお仕事日記」

Welcome aboard! 本物の元CA(キャビンアテンダント)が描く、あなたの知らないCAの世界にようこそ!皆様はCAにどのようなイメージをお持ちでしょうか。過酷で笑える「真実の旅」へご案内いたします!!
(Amazon内容紹介より引用)



2016年08月05日 (金) | Edit |
   

Kindle版「佐伯かよのSF短編集」全三巻を読む機会を得ました。
参考までに、各巻の収録作品を記載します(←本作に限らず、売る側は収録作品を買い手にわかり易く公開した方がいいと思う)。

1巻
「アリスの13時間」
「紅いラプンツェル」
「黄泉からの声」

2巻
「地球最後の男の話」
「黒い聖夜」
「ジムニイの箱」
「割れたカップ」

3巻
「炎の伝説」
「もしも・・・・」
「午後5時1分前・・・!」
「迷路」

どれも読みでがありましたが、良くも悪くもびっくりした一作、「アリスの13時間」について語ります。