2016年09月25日 (日) | Edit |
尊厳者誕生日に遅れたうえに、再録ネタです。

◆その1.可哀そうなアウグストゥス

「わたしのリウィアよ、そなたの依頼どおり、そなたの孫のクラウディウスが、軍神マルスの祭典にどうすべきかについてティベリウスと話し合った。そしてわれわれ二人は、彼の処遇に関し、今後いかなる方針をとるべきかを、このさいはっきりと決定すべきだということで意見の一致をみた。
(中略)
リウィアよ、以上のようなわけで、われわれが今後いつも希望と不安の間を揺れ動かなくてすむように、一度全体の方針について、何か決めておいた方がよいとした私の考えを了解してくれたと思う。
そなたさえよければわれわれのアントニアにもこの手紙のこの部分を読ませてあげなさい。」
(スエトニウス「皇帝伝」クラウディウス-4)



スポンサーサイト
2016年09月16日 (金) | Edit |
当初は「家事メン」と題していたのですが、まんがの中で家事スキルの有無って、ヒーローどころかヒロインでも、判断できるほどに描かれてないことが多いので、料理スキルに絞りました。


「銀盤のプリンセス」
作者:パトリシア・ポッター
翻訳:杉本ユミ
まんが:秋乃ななみ
原題:2003年”Cassidy and the Princess”


「プリンセス」と呼ばれるほど人気のフィギュアスケート選手マリスはある夜、連続殺人犯に襲われる。間一髪で助かったが、犯人を目撃したため命を狙われることに。
そんな彼女を守るため、敏腕刑事マッケイが立ちあがった。彼は警備のためマリスを自宅にかくまうが、守りたいという気持ちがやがて恋へと変わり…。
(公式紹介文より引用)



2016年09月07日 (水) | Edit |
一部再録ありますが、いただいたコメントは未再録です。コメント、ありがとうございました。

◆その1.アグリッパの出自

この卑賤な生まれの、優れた戦術家にして勝利の伴侶
(タキトゥス「年代記」1-3)

カリグラは、自分がアグリッパの孫だとは信じたくなかったし、人からもそう言われたくなかった。アグリッパの出生が卑賤な為であった。
(スエトニウス「ローマ皇帝伝」カリグラ23)

Velleius mentions the novitas of his family.
(Meyer「Marcus Agrippa」p5)



オクタビの親友であり、側近中の側近であり、帝政樹立に尽力した右腕であり、娘婿でもあるアグリッパ。
上記に引用した通り、名門貴顕とは無縁の出身です。