ここはローマ帝国初代皇帝アウグストゥスの妻リウィアのファン・ブログですが、だいたい、まんが感想で成り立っています。
2017年04月21日 (金) | 編集 |
(注意)1.ネタばれ有り。
2.医学まんがです。病気や医療情報は、特に断りない限り作中から引用しています。
3.感想のなかで、引用以外で医療情報や病気について述べてる箇所は、わたしの理解によるものです。素人の理解なので、正確でないかもしれません。もし、間違いを指摘してくなったら穏当にお願いします。


◆わたしのTLでは、「コウノドリ」(鈴ノ木ユウ著)が高評価です。
出産素晴らしい!母性愛が全てを救う!どんな難問も出産で全て解決!との安直なストーリーではなく、妊娠出産をめぐる問題をリアルに取り扱っていると知り、読んでみました。

スポンサーサイト


2017年04月12日 (水) | 編集 |
ちょいネタ切れ気味なので、メモ代わりのエントリです。

「恐怖心の歴史」ジャン・ドリュモー著
「毒の歴史―人類の営みの裏の軌跡」ジャン・タルデュー ド・マレッシ著
「図説 死の文化史―ひとは死をどのように生きたか」福井憲彦, フィリップ・アリエス著
「図説「最悪」の仕事の歴史」トニー・ロビンソン著
「毛皮と人間の歴史」西村三郎著

「鏡の歴史」マーク・ペンダーグラスト著
「トウガラシの文化誌」アマール・ナージ著
「眼鏡の社会史」白山晰也著
「スパイスの歴史―薬味から香辛料へ」山田憲太郎著


さて、大型書店の歴史コーナーに行くと、少々風変わりな「歴史」の本がいっぱいあります。
なかで、「性」に関するものをピックアップすると、



2017年04月03日 (月) | 編集 |
(注意)ネタばれ有り。
再録ですが、過去いただいたコメントは未再録です。コメントありがとうございました。


ブログから下げて今は撤去したサイトにアップしていたのですが、電書化時にそれを記念してブログに再録しました。
再録作業時、久方ぶりに読み直したら、もうめちゃくちゃ恥ずかしい。再掲載をやめようかと思ったくらい恥ずかしい。
全文書き直したいとこですが、そんな気力もないので、ちょこちょこ削って再録です。