2015年05月14日 (木) | Edit |

まんが:真斗
監修:長谷川敏彦


◆最初に苦言、その後に賞賛を述べる構成の方が読後感がよろしいかと思うので、まず苦言から。

お母さんの分娩を不安げに待つ女の子に、「看護婦」さんが、ナイチンゲールを語る形をとっています。
作中で「看護婦」表記が用いられていることからわかるように、語り手のほか、登場する看護婦は全員女性、また、お話に感銘を受けた「女の子」が「看護婦」を目指すエンドとなっています。

名称が「看護師」に変更された2002年以前の発行で、初版が1996年だからしかたないのですが、わたしの気持ちを言えば「これはないわー」。

もし、新しい学習まんが「ナイチンゲール」が企画されるのであれば、

(1)「看護師」は女だけではないこと。男女ともに就ける職業であること。
(2) だから、男子も女子も「看護師」を目指せること。
(3) 「看護師」は医師の補助役ではなく、れっきとした専門職であること。


以上の3点を押さえていただきたいです。

たとえば、聞き手を男の子に設定して、その子が、
「すごい人だね、ナイチンゲールさんて。僕も看護師さんになって、患者さんの助けが出来るようになりたいな。
あ、でも・・・、看護師さんて女の人ばっかりなんでしょう?男の子が看護師になれるのかな・・・」
「なれるわよ。女の人が多いけれど、男の人だってちゃんと看護師になれるわよ。うちの病院にも男性の看護師さんは何人もいるのよ」
(男性看護師が活動しているコマが入る)
・・・こんな感じで表現して欲しいです。

他、男女のきょうだいに語る構成もよい。
その場合は、女の子が医師を志し、男の子が看護師を志すように設定して、「男のくせに看護師になりたいの?へーんなの」とからかうお姉さん(あるいは妹)を、看護師さんがたしなめる形にして。
「男のくせになんて言い方はおかしいわよ。女の子も男の子も、自分がなりたいと思う職業を目指す事ができるのよ。うちの病院には女性の医師もいる。男性の医師もいる。そして、女性の看護師さんもいる。男性の看護師さんもいる、皆、協力しあって、患者さんが健康になるお手伝いをしているのよ」
(同じく、男女の看護師が活動しているコマを入れる)

はたまた、語り手が男性看護師ってのもいいですね。
ナイチンゲールについて語り終えた後、
「僕は男だけど、ナイチンゲールさんの生き方にとても感銘を受けたんだ。だから看護師になろうと決意した。『男の仕事じゃない』と父や兄弟からは反対されたけど、自分の意志を貫いたんだよ」
「父と兄弟の反対って、まるでナイチンゲールさんみたいだね。ナイチンゲールさんは、母親と姉の反対だったけど」
「うん。僕の場合は母が味方だった。ナイチンゲールさんと同じく励ましてくれる友だちもいたしね。苦しい時は、道を切り開いた彼女の苦労を思って、がんばったよ」

空想劇場はここまでにしときます(笑)。

◆では、いいなと思った点を語っていきます。

ナイチンゲールはただの貴族出身の奉仕者じゃありません。百三十年前、完全な男性社会だった軍隊で、看護師の地位を確立した大変な戦略家です。
(マスター・キートンこと平賀=キートン・太一の言葉、「コーンウォールの風」より)



冒頭にリンクした、本作表紙から察っせられる通り、ナイチンゲールの定番イメージ「ランプを持った天使」も再現していますが、マスター・キートンの言にある「完全な男性社会だった軍隊で、看護師の地位を確立した大変な戦略家」の面も描けているように感じました。

画風が良い効果をあげています。
伝記人物が女性だと、少女まんが風、言ってみれば、きらめきが多い、なよやか印象の作画が採用される傾向にあると思いますが、本作の画風はすっきり、くっきり系です。
筆力がなくて、絵柄の良さをうまく伝えられなくて申し訳ない。
(念の為申しますと、わたしは「少女まんがの画風」は好きです。)

「クロサギ」シリーズ作画の黒丸さんの絵から、都会的な冷たさを抜いて、ぬくもりと親しみやすさを追加した感じ、で伝わるでしょうか。・・・よけいわかんないですかね。

とにかく、画風が非少女まんが的、でもすっきりしてて、見てて気持ちいいことが功を奏して、ナイチンゲールの「職業人」としての一面が気持ちよく伝わってきました。

今、するっと「気持ちよく」との言葉が流れ出ました。

作中でナイチンゲールは「美しい」と讃えられています。
しかし、貶す気持ちはないのですが、絵柄がすっきりシンプルなので、さほど、まんがにおける「美人」には見えません。
本作のナイチンゲールを見てて感じるのは、「意志が強い」こと、「理知的」であること、「しっかりしている」ことです。

だから、わたしの目には、美人であることよりも、頭のいいしっかりした女性に映りました。

もしかして、もしかすると、「頭のいいしっかりした女性」が主役で活躍していることが、すごく新鮮で快いのでは。
少女まんがの主人公は、作中でどれほど容姿をくさされても、読者が「美人」あるいは「可愛い」と感じるように描かれていますから。

女は幼少時から、美しいか否かで品定めされ、「美」であることが至上命題のように扱われます。
だから、「美」を意識することから解放され、「頭のいいしっかりした女性」をそのままに堪能できたので、すごく気持ちよかったのだと思います。

これは、やはり画風の勝利であろうなと。

わたしは少女まんがの画風は好きです。
けれど、例えば、わたしの大好きな絵柄、さいとうちほさん、原ちえこさんの絵であれば、どうしても主人公ナイチンゲールの「美しさ」、それに伴う「女らしい優しさや慈愛」が印象づけられ、彼女の「頭の良さ」「しっかりした所」「意志の強さ」の印象が後退してしまったと思います。
華のある美しい絵柄であるゆえに。

本作はやはり絵柄の勝利だと思います。
いわゆる女性性(無償の愛、奉仕、謙譲、愛嬌、etc.)が際立たない絵柄である勝利です。

◆本作のナイチンゲールが、壁を前にしてごり押しせず、壁にぶちあたった時点で最善の方法を模索し実行し、じわじわと自分の目標に到達していっている様子が好きです。

最初の大きな壁は「看護婦となることへの家族の反対」。
当時、蔑みの目で見られていいた職業であること、その件以前に、貴族の女性として「労働」などもってのほかであったこと、以上の理由で、ナイチンゲールが看護婦となることは家族(母と姉)から猛反対を受けました。

ここで彼女はごり押しせず、地道に道を拓いていきました。

◎ 母と姉の前では反対を受け入れたかのように振る舞っていたが、二人が眠っている夜中に看護婦の勉強を続けた。
◎ 普段の社交の中で、力になってくれる有力な友人との交友の輪を広げた。
◎ 体調を崩した時、お医者さんを味方にして、名目は療養とし、実際のところは看護婦養成学校であるカイザーヴェルト学園に通うようにした。

カイザーヴェルト学園で学んだ知識を生かし、ナイチンゲールは看護婦として働き始めました。
ここでも、旧来の「やっかいな病人に施しをしてやる」思考に染まった女上司の元、新たな風を吹き込み、職場を少しづつ改めていくのですが、端折ります。
この経験は、いわば、後のクリミヤ戦争従軍の場での前奏曲です。

では、見せ場であるクリミヤ戦争への従軍の場へ。

38名の看護婦を連れ、黒海南東部スクタリのイギリス陸軍病院に赴いたナイチンゲールでしたが、現地司令部からの妨害を受けます。
「金持ちの小娘が、我がイギリス軍を援助するなど、思い上がりもはなはだしい」と。

ここでも彼女はごり押しをせず、地道に道を拓いていきました。

◎ 「許可」がなければ仕事をしてはならないとの邪魔を逆手にとって、「許可」の担当部署が不明な、トイレ掃除にとりかかる。
◎ 「許可」が下りたらすぐ対応できるように、衛生用品作りに励む。
◎ 許可を得て働き出した後、自費で食糧品から医薬品、あらゆるものを購入し、さらには新しく病院を建てた。

「完全な男性社会だった軍隊で、看護師の地位を確立した大変な戦略家」としての姿を描いたと褒め称えるには物足りないですが、学習の手引きであるまんがであることを考慮すると、充分だと思います。

◆「お金で幸福は買えないけれど、幸福のお手伝いはできるのよっ」との名言通り、ナイチンゲールの成功の原因のひとつは「金力」だったんじゃね?と思う。
ははは、ビンボ人としては僻みたくなるなー。

先に書いた通り、クリミヤ戦争では病院ひとつ建ててしまうわ、看護師として働き始めた時も、「病院からの給料はありませんでしたが、父が毎年たくさんお金を送ってくれました」ので、そのお金で近代的な設備を次々と導入していったという。

ははは、金があれば人生(もちろん仕事含む)の悩みの8割くらいは解決するという世知辛い現実を思い知りました。


名香智子「マダム・ジョーカー」
どの巻にリンクするか迷いましたが、読者に力強い視線を向けてきている、Kindle版3巻にしました。

「金があれば人生(もちろん仕事含む)の悩みの8割くらいは解決する!」とくれば、名香智子作品でしょう。
上にリンクするは、スーパー・リッチ・セレブにして、ゴージャス・ヒロインである、マダム・ジョーカーこと月光寺蘭子さんが活躍する「マダム・ジョーカー」です。

しかるにリウィアは初代皇帝アウグストゥスにふさわしい、偉大なる貴婦人であった。

↓「日本ブログ村」に参加しています。記事がお気に召したらクリックを!励みになります。
にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 漫画ブログへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして~(*・ω・)*_ _)ペコリ
今日本棚を整理してたら出てきて、あまりの懐かしさに読み耽っていましたw p■qω・´)フムフム
このシリーズは小学校の図書室にあって全部読破しましたが、今読んでも面白く色褪せない名作揃いだと思います♪
きっかけはナイチンゲール当人に興味があったわけではなく、この作画担当の真斗先生の大ファンだったので返却後すぐに本屋で購入しました☆
すぐアニメ化するものとばかり思ってたんですが・・・もし今アニメ化するならここの記事に書かれてた感じに是非とも修正してほしいですね


長文失礼しました。m(_ _)m
2015/12/09(Wed) 11:43 | URL  | フローレンス #-[ 編集]
Re: はじめまして~(*・ω・)*_ _)ペコリ
>フローレンスさま

こんばんは。コメントありがとうございます。
全巻そろえてくださるなんて、粋な小学校ですねw
今の学習まんがは、マイナーな人物も採りあげるようにしているし、一作一作、学習の面もおさえつつ、物語性に富む作りになっていて嬉しいです。

アニメ化は想像したこともなかったのですが、実現したら楽しいです。
「歴史にドキリ」や「タイムスクープハンター」みたいなノリで実現してくれないかしら。。。

コメントありがとうございました。
2015/12/09(Wed) 22:28 | URL  | サラ #ndrEhoxc[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック